VIBES MEETING 2016 茨城に参加してきた感想|ハーレー女子の体験レポ初日編

〜VIBES MEETING 2016 at IBARAKI〜「MEETING」には出会いという意味もある。

私たちハーレー乗りの間で「ミーティング」とは、キャンプやイベントなどを指すことが多いです。規模の大小はあれど、毎週のように日本各地のどこかで行われています。

イベントを、人と人との出会いで「MEETING」と冠するなんて、ハーレー乗りってロマンチストなんだなぁ、と感じた大型自動二輪免許取得1年生、ハーレーXL883N乗りのワタクシ。この度日本最大級のハーレーミーティングである「VIBES MEETING」に参加してまいりました!

バイブズミーティング 茨城の2日目は出店ブースを巡ってお買い物|ハーレー女子の体験レポ

2016.11.04

ハーレー女子のVIBES MEETING 2016レポ|最終日はハイエナに!?

2016.11.05

VIBES MEETINGとは?

ハーレー雑誌、「VIBES」が主催するバイカーのバイカーによるバイカーのための一大イベント!毎年10月の3連休に行われ、日本全国のハーレー乗りが集まるこの3日間。来場車数は1万台を超えるとか。

毎年開催地が異なるこのイベントは、一昨年は長野、昨年は福岡。そして2016年の今年、25周年を迎える今回の開催地は、2001年千葉以来の関東、茨城です。

VIBES MEETING 2016 at IBARAKI ~10月8日(土) 初日~

バイブズミーティング

受付開始時刻の朝8時から約1時間前。受付に並ぶバイクの数はすでに数百台。

様々な地方ナンバー、たくさんのハーレーの中、地元茨城ナンバーの私は女一人でこの待機列に並んでおりました。

ここに来るまでの道中も、同じようにキャリアにたくさんの荷物を積んだハーレーを見かけ、それは会場が近づくにつれ増えていきます。この「いよいよだ!」という感覚が、なんともいえずワクワクします。

vibesmeeting 茨城

受付から駐車場に入るまでの長蛇の列はVIBES MEETINGの風物詩、とは私の友人の言。

例年お昼近くになると受付までの渋滞で道路はパンク状態になるのですが、今回は朝の比較的早い時間に来たこともあり、30~40分ほどでバイクを停めることができました。続々とドドドッと低音を響かせてハーレーがやってきます。

見渡すと何百台ものハーレーとカラフルなテントの群れ、出店ブースや屋台村、いかつい革を纏った人たち。空はどんより曇り空でしたが、非日常が始まる実感に心が躍りました!

VIBES MEETING SCHEDULE

8日(土) 9日(日) 10日(月)
8:00 受付開始 8:00 受付開始 8:00 受付開始
14:00

 

VIBES FOX SHOW 9:00
19:00~ バンドライブ

VIBES FOX SHOW

18:00 全体ミーティング

VIBES FOX

バンドライブ

12:00 終了
21:00 21:00

3日間のスケジュールはこんな感じです。

ライブを見に行くのも、ひたすらテントサイトや屋台村で飲みまくるもよし。参加者それぞれが自由気ままに過ごしているのが、ミーティングのいいところです。

バイブズミーティング 2016

今回、初日は昼過ぎから豪雨に雷も鳴っていたので、私は友人や久々に会う人たちとベースキャンプで過ごしていました。会場は豪雨によって泥沼になった箇所もあり、ベースからほとんど出られなかったというほうが正しいかもしれません。

なので、初日のレポはこのくらい。出店ブースなどは2日目からご紹介いたします!

宵闇のテント村にはランタンが灯り、遠くステージからはレディ・ガガの曲が流れ始めVIBES FOXのSHOWが始まったことに気づきます。

眠くなった人から順にテントへと消えてゆき、私もまた初日が終わってしまうことに名残惜しい気持ちで寝床につきました。

2日目に続く。

⇒VIBES MEETING 2日目のレポへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です