【総合評価】カワサキ GPZ1000RXの魅力|購入したい方必見です!

今回は私が以前乗っていたGPZ1000RXに関して総合評価をしてみたいと思います。

外観・装備

GPZ1000RXはGPZ900Rの後継機として開発されたKAWASAKIのフラッグシップマシンです。

威風堂々とした車格は横に大きく、900Rのスリムな車幅とはまるで違う迫力があります。私は赤/黒のツートーン車に乗っていました。この色はグリーンの次にKAWASAKIらしさが満載のカラーだと思います。

後部シートはとても肉厚で2人乗りでもパッセンジャーから文句が出た事はなかったです。また、一番後ろに引き出し式のハンドルがあり、二人乗りの時だけ引き出して使用することができます。大変しっかりした作りで安心して使用できます。

また同様に荷物をかける為のフックが4つあり、これも大変重宝します。ハンドル同様強い作りでよほど重い荷物を積まない限り不自由は感じません。また、シート下もそれなりにスペースが有り、工具と小さめであればカッパも積めます。

ポジション

900R同様またがって足を下ろせば素直に地面に足が着くほど意外にシート高は高くはなかったです。しかし身長168cmの僕には亀の甲羅のような大きなタンクと少し遠いハンドルで軽く覆い被さるポジションを強いられます。

メーター周りは整然と4つのメータが並び、280Kmまで刻まれたスピードメーターを見ると車格とともに「いっちょやったるか!」と気合いが入ります。

引き起こすと一瞬だけ230kg越えの乾燥重量を感じますがマスが集中しているのか、まずまずの軽さを感じます。眼をつむると900Rより軽く感じるかもしれません。この感覚はGSX1100刀とは違います。

乗り味

エンジンは125psを誇り、大変パワフルです。よく大型バイクを知らない人はパワーがあればあるだけいいというような感覚を持つ人が多いと思いますが、100psを越えるパワーをおいそれと使うケースはほぼありません。

1000RXは他のKAWASAKI車同様、ゴロンゴロンと回るエンジンですが荒い走行フィーリングではなくスムーズに軽く回ります。その外観からは想像できない滑らかなエンジンフィーリングは現在のZZ-R1400まで通じるものです。

高回転エンジンはリッターマシンでも低中速が無い、とよく言われますがこのバイクにはあてはまりません。低速でもごりっとしたエンジン音を響かせて太いトルクで滑らかに走ります。サスは思いのほか柔らかめです。

前後16インチを履くこのバイクは思ったよりもはるかにクイックです。リーンアウトで曲がれば面白い程内側をまわり、意外な程のコーナリング特性を見せます。大きなコーナーでは吸い付くような路面追従性を見せ、とても充実したコーナリングを楽しめます。

7000回転を越えたあたりからエンジンがより一層元気になります。ただ、貧弱な2ポッドキャリパーはやはり奥まで突っ込む狭いコーナーは苦手です。

125psをフルに使い走行すると10000回転を越えるまで元気良く回り、大きなスチールフレームはびくともせず快適な超高速ランを楽しめます。カウルの風防はとても良く効き、すっぽりとライダーを包み込みます。最高速はどこかの雑誌で260kmを越えるものがありましたが私は、メーター読み255キロくらいまでしか確認できませんでした。

注意点

先に述べたとおり、とても風格のある車体は今のオーバーリッターマシンに劣る所がありません。コーナーも高速も町中も大きな車体ではありますがオールマイティにこなせます。私は普段から通勤にも使用しておりました。

いまやあまり見かけなくなったこともあり、かなり目立ちます。

燃費はやはり悪いです。町中・通勤でリッター13km、ツーリングで高速主体で20km、かなりのおお食らいです。

そしてなんといってもフルカウルということもあり、熱がすごいです。真夏であればものの15分も走ると冷却ファンがつきます。カウルにこもった熱で凝縮され、ライダーはたまったものではありません。

センタースタンドはとても重いです。230キロ越えの車体はセンタースタンドで長い間止めると燃料やオイルなどが寄り固まり、バイクを痛めるという噂を聞き、私はなるべくセンタースタンドをかけていました。

そしてカウルのネジが多すぎる。すこし整備をしたい時やエンジンをキレイにしたいときなど、とんでもない数のネジを外さねばなりません。

また、今となってはめずらしい前後16インチのタイヤはあまり種類を選べず、いつも決まった銘柄しか選べません。

電装系が弱いと言われるKAWASAKI車ですが私は特に苦労したことはなかったです。でもよく聞く話ではプラグが雨で水没するとか、エンジンがかからなくなるなどあるそうです。

総括

GPZ1000RXはおもしろいバイクであることは間違いありません。

重い、暑いバイクではありますが唯一無二のスタイルと男KAWASAKIを具現化する1台であり、古いバイクでパーツが少ないなど懸念材料はありますが魅力あふれるバイクの1台であることは間違いありません。

約2年?ほどしか売られなかった短命なバイクであり、900Rベースの後継機ということでエンジンだけ900Rに抜かれる、という悲しいバイクでもあります。クジラのようなこのバイクはツーリングにぴったりで一日に600kmオーバーの長距離でもライダーに疲労を与えず、とても快適なバイクです。また町中で見てみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です