DR800の燃費はこれくらい!スズキの怪鳥に乗りたい方へ

皆さまはスズキのDR800Sと言う名のバイクをご存じでしょうか?

DR800Sは別名を『ファラオの怪鳥』と称されている、市販車世界最大の単気筒のエンジンを搭載した空冷のバイクです。

もう、世界でも数えるほどしか残っていない珍車ではありますが、今回は私の乗るこの怪鳥の燃費について書きます。

本題の前に・・怪鳥Tips

スズキが怪鳥の開発段階で単気筒・空冷を採用した一番の理由は、エンジン周りの軽量化です。

その事によってレース時の取り回しの良さと共に、燃費の向上が期待されておりまして、実際にこの怪鳥は故・ガストンライエのライディングによりラリー界で大活躍をしたバイクなのです。

YouTubeで「DR800S」と検索をすると、多くの実際に走行をしている動画の出てくる、ダートでは栄えるバイクの一台だと私は思っています。

(一般道では・・・単気筒の振動と大きなエンジンなのに空冷故に・・・な面はありますが 笑)

気になる燃費は・・?

怪鳥は僕の知っている範囲では、当時の他のビッグオフロードバイク(現在ではアドベンチャー系と呼ばれてます)の中では燃費は一番でした(アフリカツインなどと比べても1割〜2割は良かった)。

その燃費は・・

  • 都会の街中で18キロ/L
  • 高速を100キロ前後の巡航で19〜20キロ/L
  • 北海道のような信号のほとんど無い平野部で21キロ/L前後
  • 山間部でも19キロ/L前後でした。

あれれ?
どこを走っても大差が無いなぁと思われるでしょ?

でもこれは本当で、現在78000キロの私の怪鳥で実際に計測し続けていてこれなのです。

現在の78000キロ走行までには、マイククロン処理をしたり、フューエルワンを投入したりしましたが、エンジンフィーリングが良くなったり始動性が良くなったりはしたモノの、不思議なくらい燃費は安定していました。

蛇足ではありますが、フラットダートを走って18キロ/Lくらい。ガレ場でローとセカンドのみで走るようなところですと13キロ/Lくらいです。

私、この巨体で林道に入って行くのです。もちろん、複数人の仲間がいる時のみなんですけどね。どこだって入っていける楽しさもあって、怪鳥を気に入り、ずーっと大切に(?)乗り続けているのです。

スズキの怪鳥DR800Sの乗り心地を紹介!ビッグシングルバイクの乗り味とは

2016.02.20

怪鳥データ

DR800S 車重200キロ(車検証より) 779cc 空冷(油冷)タンク容量24L 54馬力 私のは1998年式

自慢:現在アドベンチャー系で世界的に流行っている「くちばし」を一番に採用したこと(なので、鳥と言うあだ名が付いた)。

私の困り事:単気筒の振動故に精密電化製品(ナビやETC等)が2年周期で故障(交換)をすること。

最新のバイクの燃費から見ると良くない印象ですが、当時は素晴らしい燃費だった怪鳥なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です