長崎でおすすめのツーリングスポット|平戸・生月島に行ってきました

前回ご一緒したDioの職場友人と平戸・生月島に行ってきました。

西九州自動車道の一部が無料化され、更に原付でも通れる区間がありましたのでご紹介します。平戸大橋も無料化されお得な感じでした。

また、寺院と教会が見える風景や平戸オランダ商館、幸橋など江戸時代の鎖国の中で西洋文化と日本の歴史が交差する風景がそのまま残っている場所や、河内峠、塩俵の断崖やなどツーリングの醍醐味を肌で感じられる場所をご紹介します。

二丈浜玉道路

二丈浜玉道路

福岡県糸島市二丈福井から佐賀県唐津市浜玉町浜崎までの8.5kmが平成25年4月1日から無料化されました。一般道路扱いですので原付も通行可能です。

道路幅員がやや狭く、センターラインにゴムのポールが並んでいますのでDioに乗った友人は走っていて怖かったようです。

原付がゆっくり走ると車が追い越すのに幾分苦労するような道路でしたが、それでも国道を走るよりははるかに時間短縮になりましたし、景色も良く車に気を付ければ走って楽しい道路でした。

この区間以外にも唐津〜伊万里の間に無料区間がありますが自動車専用道路ですので二丈浜玉道路以外125cc以下は通行できないようです。

西洋文化と日本の歴史が交差する風景

寺院と教会が見える風景はザビエル記念教会の下に正宗寺・光明寺・瑞雲寺が見える場所でした。石畳の道路を歩いていると懐かしいロマンを感じる風景に心が癒されました。

平戸オランダ商館 ツーリング

平戸オランダ商館は1639年の建造物ですので377年も前の建物を復元したものだそうですが「ハイカラ」という言葉が似合う素敵な建物でした。

平戸オランダ商館 幸橋

幸橋は別名オランダ橋という石造りのアーチ橋で歴史を感じるしっかりとした造りの橋でした。

川内峠

川内峠 ツーリング

平戸はロマンチックな街並みと坂や石畳などが有名ですので、草原とか山並みの魅力があるとは思っていませんでした。

川内峠はどんなところだろうと想像がつきませんでしたが、行ってみると草原が広がるとてもすがすがしい平原でした。

バイクで何度か往復し、友人のスマホで動画まで撮影して楽しみました。

生月島

生月大橋

生月島大橋を昼ごろ渡り、おなかが空いてきましたので橋を渡ったところにある道の駅に寄りました。

橋のビューポイントとしては絶好の場所だったのですが、食事ができるお店がなかったので、少し行ったところにある「ひといき」という食堂でご飯を食べました。

ひといき 食堂

友人は刺身定食1200円を頼みとてもおいしかったようです。刺身が新鮮だったのか醤油がおいしかったのかは分らないと言い、帰りに刺身醤油をお土産に買っていました。私はとんかつ定食1000円をおなかいっぱい食べました。

食事には無頓着でパンでも良いくらいですが、今年59歳になり食べることも楽しみの一つと考えるようになってきましたので友人と来た時くらいは美味しいものを食べたいと考えるようになりました。

塩俵の断崖

大バエ灯台 ツーリング

大バエ断崖が生月島の最北端です。バイクで行けるのは灯台から約50m手前の駐車場までです。灯台から勇壮な断崖を見渡すと自然の力を感じることができる場所でした。

大バエ断崖 ツーリング バイク

帰りは塩俵の断崖付近で岩がゴロゴロした自然豊かな山間がありましたのでバイクで疾走中の動画を撮ってもらいました。

佐世保、平戸、生月島と走りましたが、長崎はまだまだ見るところがたくさんあります。

西海橋から長崎市内にも行ってみたいし島原にも行きたいし、8月には徳島の阿波踊りを見た後、翌日は四国を一周したいと思っています。写真もたくさん撮ってきますので是非ご覧ください。

ツーリング前にバイクにイタズラされた!徳島コラムシリーズ第一弾

2016.11.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です