【ユーザー評価】カワサキ ZZR250の魅力をレビューしました

バイク歴17年のバイク女子が送る、カワサキ ZZR250のレビューコラム。

今回はクオーター唯一のフルカウルバイク『ZZR250』のユーザー評価と題して、実際に乗った経験からZZR250の魅力を余すことなく紹介します^^

*購入前のファーストインプレッション

「おっきいなぁ~」 ―わたしがカワサキ ZZR250に向けた第一印象で、近寄ってみるとその大きさと相まったフルカウルにも圧倒されました。

実際 400ccクラス以上のバイクと相違のないボディサイズなので、購入後は周りやツーリング先などで、ごくたまにではありますがリッターバイクに見間違われたこともありました。

堂々たるたたずまいを持つこのマシンのコンセプトを感じます。

*デザイン

全体的に派手さのない落ち着いたデザインのフルカウルはクオータークラス唯一で、ZZR250の象徴です。

リヤビューでは2つのエンジンから左右に延びた2本出しのマフラーに視線が向きますが、野暮ったさやヤンチャっぽさ、うるさい感じがなく むしろスッキリとシンプルにまとまっています。

便利な機能性デザインとしてわたしのお気に入りなのがフロントカウル内の小物ポケットです。

サイズも収納容量も小ぶりですが、PV製のフタ部分の開閉が容易で扱いやすく使い勝手が良くて、気付けば他のバイクにそれがないのが不満に思えてしまいます。ツーリングでは小銭を入れた小型のお財布を入れていました。

☆グラマラスなフォルムでも意外とスリム

その大きさと見た目から気になるのが足つきや取り回し。身長157㎝の小さいわたしでは両足での着地は厳しいもので、対策として乗車時にソールの厚みがあるライディングブーツを履き、かろうじてつま先立ちがやっとです。

基本、バイク乗車時に履く靴の底はあまり厚めでないものが好ましいのであまりオススメ出来る方法ではありませんが、足つきが気になってZZR250に踏み込めない方への一法になるかと思います。

一方、身長175㎝男性のバイク友達がまたがると余裕で両足がベッタリと地面に接地しました。

体重による重みで車体が沈むことも含め、十分な足つきが期待できるのは車体フォルムが計算され尽くし受け継がれてきたスリム設計によるもので、カワサキを代表する個性の一つです。

割と軽量なので取り回しでの扱いやすさも比較的よく、女性も楽に行えると思います。

ただ、ガソリン給油によって相応の重量が加わる分、比例して重く感じ、満タンにした後はこども一人が乗った計算になるので如実に苦労します。

もし倒してしまったら引き起こすのも少し大変!サイドスタンドを立てたまま、シートにまたがったまま動かすのが無難だと思います。大量の汗と翌日の筋肉痛は勲章のようなものですネ。

☆“スポーツツアラー” といわれる走りは余裕たっぷり!

35馬力を発揮してツーリングからワインディングまで幅広い走行に対応した余裕たっぷりのパワフルな走りに加え、フルカウルならではの防風性能も高いので安定性は抜群。

普段乗りはもちろん、高速を出しての走行も135㎞/hあたりまでは伸びよく加速・走行出来ます。まさに“スポーツツアラー”と言われる所以ですね。

ツインエンジンのトコトコ音ご愛敬♪ 気分的にもリラックス出来る部分で、のんびりツーリングや信号待ちなどではホッとすることもありますヨ。

☆女性の方も臆することなかれ!

速く、でも快適に。それに加えて楽しさと安心も載せて共に走れるZZR250は男女問わずどなたも乗りやすいので、小柄な方や女性の方にも積極的にオススメしたい一台です。

ちゃんと乗りこなせるのか、とか、しっかりメンテナンス出来るのかなどの不安は当初のわたしも持っていましたが、7年を超えたZZR250とのバイクライフは充実そのもので、「バイク大好き」が加速しライディングテクニックも向上したという自覚すらあります。

バイクの醍醐味を堪能したいあなたにもこの感覚を是非味わっていただきたい― バイク乗りのはしくれとして心から思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です