エストレヤの乗り心地を紹介!250ccのバイク購入でお悩みの方へ

カワサキ エストレヤの購入を検討している時、実際に乗り心地がどうなのかをイメージすることは大切ですよね。

そこで今回はエストレヤを所有する僕が実際に乗っていて感じる乗り心地や乗り味について紹介します。

エストレヤの乗り心地はぶっちゃけどう?

エストレヤは街乗りの多い僕にとってはとても快適です^^

ロングストローク型エンジンを採用しているためか、低速時にトルク感が感じられ、ストップ&ゴーの多い街乗りでは快適に走行することができます。

以前超高回転型エンジンを搭載しているFZR250Rに乗っていた時は、シフトを1速落として走行していた自宅付近の坂道も、はじめてエストレヤに乗った時、坂道に侵入したシフトで登り切ることができ感動しました(^o^)

同じ排気量でもやはりバイクの特性によって全然違いますね!

高速道路走行は苦手

しかし、裏を返すと、高速走行時、例えば高速道路の走行などは、エストレヤは苦手とします(;・∀・)

街乗りなどでは〜60km/kmほどしかスピードは出しませんし、自動車専用道路などを走行しても〜80km/kmほどしか出しません。

この程度の速度域でしたらシングルの醍醐味を味わいつつ、快適に走行することが出来ます。

ですが、高速道路で100km/km巡航などをするとなると、単気筒特有の振動が発生しますので、乗っていて少し疲れてしまいます…

追い越しをするときも、高速域でのスピードの伸びがあまり良くないため、周囲に気をつかいつつ追い越す形となります。

しかし、メッキ部品が多く使われ、同じスタイルのバイクに比べある程度重量があるからなのか、高速道路走行時の風の影響は思っていたほど大きくありませんでした!

タンデム走行時の乗り心地

また、タンデムについてですが、一般道路での法定速度内でタンデムをするのであれば快適に乗ることが出来るのではないかと思います!

以前私も体重約50kgの友人や、約70kgの友人などをエストレヤに乗せてタンデムしたことがありますが、どちらとも以前乗っていたFZRでタンデムするのとは比べ物にならないくらい快適に走行することが出来ました!

これも前述のロングストローク型エンジンの恩恵ではないでしょうか!

しかし、タンデム時の悩みとして、リアフェンダーにあるサイドモールがとてもつかみにくく、タンデムの際はあまり役に立ちません。

ですので、タンデム走行中にパッセンジャーに腰や肩を持たれたり、お腹に手を回されたりと、走行しづらいと感じた方も多くいらっしゃると思います…。

(サイドモールの存在は、見た目+純正サイドバッグ装着用と考えたほうが良いかもしれません…)

タンデムグリップで不満を解消できます

そんな悩みを抱えていらっしゃった方は、社外にはなりますが、ハリケーン社からエストレヤ用のタンデムグリップが発売されています。

タンデム時の走行に不安を抱えていた方や、「タンデムしたいけどタンデムグリップないからなあ…」と敬遠されていた方など、ぜひ装着を検討されてみてはいかがでしょうか?

サイドモールのボルトを外すだけで簡単に装着できますし、タンデム時の疲労軽減の効果はもちろん、リアにもボリュームが出ますので、見た目にもとても引き締まりますよ!

僕もはじめはカスタム目当てでタンデムグリップを装着しましたが、よく後ろに乗せてタンデムする友人からは「乗りやすい!これなら走行中落ちそうにならない!」と好評でした(笑)

まとめ

エストレヤは高速道路を走り続けるようなツーリングを計画している方や、長距離をタンデムしたい方などには不満な点がいくつかあるかと思います。

一方で、街乗りを1人で走行することが多い方、街乗りでのタンデムや、流すようなスピードでのんびりタンデムをしたい方などにはオススメのバイクかと思いますよ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です