【総合評価】ホンダ CB400T(ホークⅡ)の魅力をインプレ!

私がホンダ CB00T(通称ホークⅡ)に乗っていたのは、もうかれこれ30年以上前になります。

が、根っからのバイク好きですから、どんなバイクだったかはよく覚えています。その総合評価を書いてみましょう。

当時の二輪免許制度は、120ccまでの小型二輪、400ccまでの中型二輪、そして排気量無制限の大型二輪に分かれていました。

大型の免許取得は非常に難しいため、400ccから250ccの中型クラスが最も人気がありました。そしてHONDA車の人気の中核を担っていたのがCB400Tでした。

超ショートストロークエンジンと360度クランク

CB400Tの最大の特徴は、超ショートストロークを採用したエンジンで、そのために2気筒ながら高回転まで一気に吹け上がるのが特徴でした。

左右ピストンが同時に爆発する360度クランクでありながら、このフィーリングは画期的でした。また、振動を打ち消すためにのバランサーも内蔵していたため、4気筒のようにスムーズだったものです。

さらには、吸気2バルブ、排気1バルブという3バルブ機構も独特で、短いマフラーから「バブバブ」と独特の排気音を奏でながら疾走する様子は、当時の若者の心をわしづかみにしました。

ライバルに先んじた性能

そんなCB400Tは、400cc中最大の40馬力を発生し、タンクも初期型の「やかん」と呼ばれたタンクからスタイルを一変して角張ったものとして、さらに人気が出ました。

まだどのメーカーからも4気筒マシンは出ていなかったため、当時400ccでは最も売れたバイクだったと思います。

オールマイティな魅力

CB400Tはとても乗りやすいバイクで、事実、当時の中型免許の教習車は、ほとんどがこれでした。

高いアップハンドルと、上体が起きることで得られる良好な前方視界、170センチあれば両足のかかとがつくシート高、低速から高速まで粘りあるエンジンと、まさに優等生バイクだったと言えます。

ツーリングに出てもそれは同じで、リアキャリアをつければかなりの荷物が積め、高速から峠までをスムーズに走ることができました。車重は181キロですから、取り回しも容易です。またハンドル幅が広いので、押さえがききます。

ただし弱点は、バンク角が浅いことで、駐車場で8の字を描いて走る程度で、いとも簡単にステップが接地してしまいます。

また、フロントはシングルディスクですから、現代のバイクに比べたら、とても効きません。雨の日はさらに効かなくなります。

それでもなお、CB400Tは現在も人気があります。改造されている場合が多いようですが、できればノーマルのアップハンドルで、それこそどんな道でもストレスなく、大らかに、それでいて時に鷹(ホーク)のような鋭い走りもできる、それがCB400Tの魅力だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です