【総合評価】ヤマハ マジェスティ125FIの魅力を所有者が紹介!

手軽で維持しやすい125ccのバイクを探しているあなたに、現在所有しているユーザーの私がYAMAHA マジェスティ125FI(フューエルインジェクション)の総合評価を大公開します!

「ほんとのところ乗った感じはどうなの?」「燃費は?」「どんな弱いところがあるの?」などご検討時に抱く疑問に所有者の声でお答えいたします!

マジェスティ125FIを購入することになったいきさつ

もともとはCB400SFspec3に乗っていたのですが、経済的な理由から125ccに乗り換えることに。

ツーリングが大好きなので遠出しても大丈夫な125ccを探していたところ、マジェスティ125FIと出会いました。

購入前と購入後の印象の違い

購入前は「しょせん125ccだから」と思ってパワーに関しては期待していませんでした。

しかし購入していざ乗ってみると、スタートダッシュはさすがに137kgの車重があるためそれなりですが、加速はどんどん伸びていく感じが期待以上です。

「ハッピーメーター」と揶揄されるスピードメーターは実測より多めに速度表示するといわれていますが、それでも大台(いくらかは想像にお任せします)は簡単に超えてくれます。

125ccには大柄なボディのおかげでタンデムも違和感なくできます!このどっしり感は、乗って初めて味わえるものでした。

【ユーザーインプレ】マジェスティ125FIの乗り心地や乗り味をレビュー

2016.12.09

シート高、足つきなど

いじられている(ローダウンなど)車体が多いマジェスティ125ですが、ここではノーマルの車体についてお話します。

シート高は710㎜で低いように感じますが、シート幅が広いため、思ったより足つきは良くありません。身長170㎝でちょうど足がペタッと着く感じでした。

身長157㎝の女の子が乗るとかなりボディーは大きく見え、乗らされている感は半端なかったです。身長が180cmを超えると車体はかなり小さく見えます。

コスパは?

一昔前は大変人気があり、馬鹿みたいに値段の高かったマジェスティ125FIも、今では年式が古くなってきたせいか程度の良いものが20万そこそこで見つかるようになってきました。

その値段で購入できれば、この車体は断然満足のいく最高の買い物となります。

現在このバイクのカテゴリーと同じような大柄な車体は外車でしか味わうことができません(3~40万は軽くする)。PCXやNMAXも大きいですがマジェスティ125には到底かないません!

ヤマハ マジェスティ125FIの中古車相場と購入時のポイント

2016.12.11

維持のしやすさ、メンテナンス性など

車をもっている方(家で車がある方)はファミリーバイク特約で任意保険が入れるため、非常に安上がりです。

燃費もリッター30kmは走ってくれるので非常に経済的です。

ヤマハ マジェスティ125FIの燃費は良い?各走行時の実測値

2016.12.08

経済性という意味では不満を感じることはあまりありません。
整備性もスクーターを扱いなれている人であれば自分でメンテナンスすることも容易でしょう。

マジェスティ125FIの維持費はいくら?年間費用を各項目別に解説!

2016.12.10

ただマジェスティー125FIでよくあるのが「エンスト病」。アイドリングが低くなっていき、信号待ちや減速時などで突然エンジンが止まります。

これの原因は台湾仕様になっているコンピューターのアイドル調整の誤差のようです。

これをヤマハで調整してもらうと非常に高くつく!
更に調整するための機械を自分で購入しても2万ほどかかる…

この機械を自作する(2~3000円で済む。私はこれで解決しました)こともできるのですが、それなりの技量と知識が求められます。これだけがこのバイクで大いに頭を悩ませるところです。

取り回し

車体は大柄なため、慣れるまでは取り回しに苦労します。また、駐車するところも悩みます。街乗りにはあまり向いていないかもしれません。

しかし長距離ツーリングなどにはもってこいです。長めのホイルベースの甲斐あって、6~70km/hでは抜群の直進安定性を見せてくれます。意外にワインディングも得意で、少し前に体重をかけてあげればクイクイ曲がっていきます。

最後に

これ一台で何でもこなしたい、維持費を安く上げたいとお考えの人にはピッタリな一台です!

ちょいそこのお出かけから長距離ツーリングまで不満なくこなすことができます。

彼女を後ろに乗せるのもよし、仲間内でドレスアップしながら楽しむのもよし。マジェスティ125は満足な相棒となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です