【総合評価】ハーレー FLSTCを所有していた感想|エンジン特性や足つきなど

私が4年間所有したハーレーのFLSTCはアメリカンクルーザーとしての確固たる地位を確立しており、長年愛されてきた車種になります。ロングツーリングを想定した積載性、長時間の運転でも苦にならないライディングポジションなど、いろいろな点で人気車種ならではの個性が持たされています。

自分のバイクはかなりカスタムされているため参考にならないかもしれません。あくまで自身のバイクでの感想になりますが、総合評価をつけてみたいと思います。

エボリューションエンジンの特性

「ショベルヘッドの荒々しさ」と「ツインカムの信頼性」の間のようなエンジンと評されることがおおいですが、まさしくそのとおりかと思います。ダイレクトに感じるエンジンの鼓動はまさしくハーレーといったところでしょうか。

ショベルほど故障はしない、ツインカムほど壊れないわけではないとのイメージですが、まさにその通りだと思います。ただ、中古車でしたので当たりはずれはあると思います。私自身も故障を経験しました。

ミッションはキックキット付きの5速を搭載しています。ノーマルのものとは違いますが、高速巡航にはあまり適していません。1990年代など、アメリカの高速道路の速度制限が80km/hだったとも聞きますので、あまり高速巡航を想定した作りになっていないようです。

このことからも、「古いバイクでトコトコ走るのが好き」という表現が出てきます。
近年のツインカムエンジン、6速ミッションの人とツーリングに行くと、笑えるほど置いて行かれます。

中期エボといわれるエンジンです。SUキャブとダイナSの点火からの低中速の粘りのある加速はたまらないものがあります。ミッションの関係で80~90km/hでの巡行が一番心地いいです。

ソフテイルは、フレ